忍者ブログ

風の呟き

読んだ本、マンガの感想など。ネタバレあり。コメント、TB歓迎。

[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120

[PR]

2017/03/30 (Thu)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリプトマスクの擬死工作 上遠野浩平

2010/08/18 (Wed)

 







クリプトマスクの擬死工作 ソウルドロップ巡礼録 長編新伝奇小説
上遠野浩平/著
NON NOVEL 祥伝社/出版
978-4-396-20872-1/ISBN










ソウルドロップシリーズ第5弾。

飴屋の正体がわかると思ったらそうでもなかった。むしろ煙に巻かれただけ。

毎回そんな感じですが、今回は特に強くそう感じました。
その原因はおそらく、新キャラ船曳沙遊里のせいかと。どうも彼女自身はなんとなく分かっている感じなのに、読者にはそれがなんなのか最後まで伝わらないせいで、物語中ずっと彼女に振り回されている気がするのです。ちょうど作中の早見と伊佐のように。

それが悪いわけではないし、ペイパーカットの謎が分かってしまったらこの小説は面白く無くなりそうなのですが、分かっているらしい(読み進めると、別に分かっているわけでもないような感じではありましたが)感じのまま突っ走られると少し気分が悪い。
しかもラストに答え合わせに準ずるところがほぼなし。しかも結果的にペイパーカットはあんまし関係なかったという所に落ち着くのですっきりしない。

結局映画関係者間で話しが完結しちゃっているあたりがどうもすっきりしないんでしょう。
毎回そうだといえばそうなんですけどね。
気分的にはスピンオフ映画見てた感じ。
多分伏線とかあるんでしょうが、現時点ではよくわからないまま、置いてきぼり感があるだけでした。

毎回置いてきぼり感が激しいので、完結が待ち遠しい話ではあります。
このもやもやは解消されるのかしら?

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview
 

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

理系の人々2  よしたに HOME イコン 今野敏

プロフィール

HN:
風香
性別:
女性
職業:
学生っぽいもの
趣味:
読書 ゲーム 映画鑑賞
自己紹介:
画像は近所のノラ猫。なかなかに人懐っこい奴。

ブログ内検索

各種販売サイト

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ) ブックオフオンライン

バーコード



忍者ブログ [PR]
template by repe