忍者ブログ

風の呟き

読んだ本、マンガの感想など。ネタバレあり。コメント、TB歓迎。

[120]  [119]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109

[PR]

2017/05/24 (Wed)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジェネラル・ルージュの伝説

2010/08/08 (Sun)







ジェネラル・ルージュの伝説
海堂尊/著
宝島社文庫 宝島社/出版

978-4-7966-7739-4/ISBN













2009年に単行本で発売されたものの文庫化作品。書き下ろし短編が1本追加収録されています。
海堂尊の『ジェネラル・ルージュの凱旋』の準主役・速水晃一にまつわる短編3本と、桜ノ宮サーガの設定集及び用語集。また、作者本人による作品解説もあります。

外伝作品であり、作品解説もある性質上、既存作品のネタバレだらけですので既存作品の読了後に読むことをおすすめします。特に『ジェネラル・ルージュの凱旋』は、短編の内容に直接関係してくるので読了後がおすすめです。

収録短編
  • 伝説―1991―
速水晃一が「ジェネラル・ルージュ」と呼ばれる所以となった城東デパート火災の時の話。映画、ドラマではすっ飛ばされた活躍がじっくり楽しめます。
初々しい速水先生が見所。凱旋だとほぼ揺るがない感じですが、伝説時はまだ完成されていない未熟さも見え、不思議な感慨がわきます。
  • 疾風―2006―
書き下ろし。
三船事務長の視点からジェネラル・ルージュの凱旋を描いた作品。本編ではあまり見えてこなかった、三船事務長の後半の心理状態の変化などが見られ、新しい発見がありました。
ただ、内容的には凱旋の焼き直しで、特に前半の文章はただの再録といった感じ。
また、ダイジェストで別視点という性質上、本編(ジェネラル・ルージュの凱旋)を読んでいないとあまり面白くないと思われます。まあ、伝説だけ読む人はあまりいないと思いますが。
  • 残照―2007―
ダ・ヴィンチに掲載された「君去りし後」と同一作品。他2作に合わせて改題されたようです。
速水が去ったあとの救命救急センターを描いた短編。
先がないのが分かっているので、物悲しい感じ。凱旋だとまだ希望が持てるような感じだったんですが、完全に日没で後味が悪い。
でも、これがないとすっきりしないような気もします。

年表もあり、資料としてもなかなかのものです。ただ、人物一覧は名前と所属が書いてあるだけで使いにくいかな。しかも初登場時の肩書きしかないし。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

NieR Replicant HOME 閃光のナイトレイド 第1話

プロフィール

HN:
風香
性別:
女性
職業:
学生っぽいもの
趣味:
読書 ゲーム 映画鑑賞
自己紹介:
画像は近所のノラ猫。なかなかに人懐っこい奴。

ブログ内検索

各種販売サイト

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ) ブックオフオンライン

バーコード



忍者ブログ [PR]
template by repe