忍者ブログ

風の呟き

読んだ本、マンガの感想など。ネタバレあり。コメント、TB歓迎。

[119]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108

[PR]

2017/09/23 (Sat)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

閃光のナイトレイド 第1話

2010/04/12 (Mon)

閃光のナイトレイド 第1話 救出行

アクションあり。でもなんでか地味。

アニメノチカラ第2弾。原作なしのオリジナルアニメ。
1930年代の中国をメインに展開するスパイアクション(超能力つき)。
地味さ加減と雰囲気、そして制限がある特殊能力といい、どこかDTB1期を思わせる雰囲気もありますが、歴史に絡めた雰囲気が独特な感じを出している感じ。
これから史実とからむと考えると、なかなかドキドキです。
歴史に詳しくない人も、公式サイトの年表やコラムを見るといいかも。コラムは読み物としても結構面白いし。

取りあえず、1話見た感想。
たたむので、続きからどうぞ

なかなか面白そうな雰囲気ですが、いかんせん地味。
よく動くし、特に作画が崩れた風もない。爆発も綺麗だったし。アクションもあるし、かわいい女の子もいるし、上司との駆け引きなど、見所はあるはずなんですけど。
でも、そのアクションが結構地味。
キャラのアップが多く、どう動いているのかよくわからないのでインパクトが無い感じ。
よく動くだけにちょっと残念。
でも葛のテレポートの時は疾走感があって気持ちが良かった。

あと、中国語(?)をしゃべって、日本語訳を字幕で流しているシーンが有りましたが、正直いらなかった感じ。
ネイティブがしゃべるならともかく、わざわざ日本の声優にこれをやらせるメリットが有ったのか。
中国にいる、という雰囲気をだすという意味でならそこそこ意味はあるのかもしれないけれど・・・どうだろう。
わざわざ不慣れな言語をしゃべって、それで演技にむらが出るのはなぁ。
雰囲気の演出、つかみとしては簡単でいいけれど、これがずっと続くなら面倒と感じるかも。

あと個人的に気になったこと羅列。
  • 三好葵ののサイコキネシスは時間制限があるようだけど、時間制限が切れた後はどれくらい期間を開けたら又使えるようになるんだろう。連続して使えないっぽいけど。
  • 雪菜の能力はサイコメトリングと公式サイトにあるけれど、1話中でテレパス的なことをしていたのが気になる。しかも双方で会話が成立?もしかして通信機見逃してたのかしら?
  • 救出に行く時にしていたスイカ云々の話がよくわからなかった。
  • 1クールらしいけど、最終的にどういう最終回を迎えるのだろう?1話完結ミッション系で、大きな謎を追っているふうでもないのでこの先の展開が全く読めない。最終話も1話完結にして、地味なままフェードアウトとかありそうで困る。気分的にはギャラリーフェイク(アニメ)の最終回的な。いや、あれはあれですっきりしていていいのだけど。なんかこう、これからも主人公たちの旅は続く!的な。
    ・・・よくかんがえたら、スパイ物だとこれもありか?
  • 最後の方、上司の櫻井と葵の会話。ギスギスした感じはともかく、葵のポジがわからない。もしかしてなにか重要なことを知っているのか?公式サイトの紹介文の「有力政治家の落とし子」が何かのキーなのかと邪推。
  • 櫻井さんと一緒にいる男は誰?喋らないわ、キャラ紹介にもいないわで謎すぎる。

公式サイト
http://www.1931.tv/

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

スイカ云々の話は、冒頭の武器密売屋の話を比喩でしているのでは?

熟れたスイカばかり持っていかれるから同業者だと思って夜の畑で待ち受けた

劉軍が欲しがってる武器ばかり取引するから劉軍の人間だと思って待ち受けた(で、実際には単なる取引相手のひとりだった)

ということなのかと。
  • 風香
  • 2010/04/15(Thu)22:21:03
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ジェネラル・ルージュの伝説 HOME ゲーム回想 第1回 DOD2

プロフィール

HN:
風香
性別:
女性
職業:
学生っぽいもの
趣味:
読書 ゲーム 映画鑑賞
自己紹介:
画像は近所のノラ猫。なかなかに人懐っこい奴。

ブログ内検索

各種販売サイト

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ) ブックオフオンライン

バーコード



忍者ブログ [PR]
template by repe