忍者ブログ

風の呟き

読んだ本、マンガの感想など。ネタバレあり。コメント、TB歓迎。

[1]  [2

[PR]

2020/04/04 (Sat)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック

2008/02/06 (Wed)



神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック
大迫純一/著 BUNBUN/イラスト
GA文庫 ソフトバンククリエイティブ/出版

希代の神曲楽士、オゾネ・クデンダルが殺害された。
現場が密室であったため、彼の契約精霊であるニウレキナが容疑者として上がった。
精霊事件と思われるこの事件に、ルシャ市警精霊課の二人、マナガとマティアが捜査を開始する。

神曲奏界ポリフォニカ、シェア・ワールドノベルのブラックシリーズ第1弾。
精霊に関係する事件を担当する精霊課の刑事、マナガとマティアを中心に物語が展開します。
刑事者独特の、犯人を追い詰めていくスリルがたまりません。
また、ブラックではクリムゾンシリーズと同時代を描き、相互にキャラクターが絡み合ったりと、ブラックファン以外にも見所があります。今回はクリムゾンのツゲ・ユフィンリーが登場します。
クリムゾンも読むと、更に楽しめます。
おすすめ。


拍手

PR

神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと

2008/02/05 (Tue)



神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと
浅井ラボ あざの耕平 神野オキナ 三田誠/著
山本ヤマト okama 椋本夏夜 狐印 凪良/イラスト
GA文庫 ソフトバンククリエイティブ/出版


浅井ラボ、あざの耕平、神野オキナ、三田誠が書くポリフォニカトリビュート。

作家それぞれの味に味付けされたポリフォニカ短編集です。普段ポリフォニカを書いている方々はいったんお休みです。

三田誠/たとえ時が経とうとも
レンバルトと、酒場でピアノを弾いていた老人との交流を描く一作。
パレット内では唯一、ポリフォニカ既存キャラをメインにすえたお話です。
本編ではちょい役になりがちなレンバルトですが、この作品ではしっかり主役。レンバルトってこんな人だったんだ!的な発見があります。

浅井ラボ/音色は遠く、耳に届かず
精霊を殺しに使う神曲楽士を描く悲しい一作。
結論的に言うと、浅井ラボは何処でも浅井ラボでしかないということ。
普段のポリフォニカのノリで読むと大ダメージを受けます。
私は結構気に入っていますが、人によっては、拒絶反応が出る場合があるかもしれません。

神野オキナ/ワイルドウェスト・いえろー
いつかの時代の、孤独な辺境治安官の織り成す、西部劇風ポリフォニカ。
軽快なギャグと西部劇にはつきもの治安官と犯罪者の決闘も組み合わさって、かなり愉快な仕上がりです。

あざの耕平/ダン・サリエルと白銀の虎
アクの強い新進気鋭の神曲楽士ダン・サリエルが白銀の虎の姿をした精霊と出会い、そして変わっていく過程を描く一作。
4作中、最もポリフォニカらしい作品だと思います。
ものすごくアクの強いダン、極度のあがり症で人前ではまともに演奏できないアマディアなど、個性的なキャラも物語になじんでいます。
登場人物それぞれが音楽を大事にしているのが伝わってきて、好印象を受けました。
一番のお気に入りです。

拍手

神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2

2008/02/05 (Tue)



神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる 2

榊一郎 大迫純一 高殿円/著  BUNBUN 兎塚エイジ/イラスト
GA文庫

温泉をテーマに「ぶるう」からは4コママンガが、「クリムゾン」「ブラック」「ホワイト」「レオン」からは短編小説が集結。おなじみのメンバーが温泉地で大暴れ!?

それぞれ独自の色を前面に出した前回のまぁぶるとはうって変わって、今回は「温泉」という共通のテーマで書かれています。どうやら舞台となっている温泉地が同じであるようで、それぞれの作品が密接にリンクしています。
時系列順に収録されているので、初めから順に読むのがお勧めです。
あと、どのシリーズを読もうか、と悩んでいる人にもお勧め。5シリーズすべてが集結しているので、おためしにも最適です。

GAgraphic.gif

拍手

前のページ HOME

プロフィール

HN:
風香
性別:
女性
職業:
学生っぽいもの
趣味:
読書 ゲーム 映画鑑賞
自己紹介:
画像は近所のノラ猫。なかなかに人懐っこい奴。

ブログ内検索

各種販売サイト

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ) ブックオフオンライン

バーコード



忍者ブログ [PR]
template by repe